時計

出会い 主婦出会い キャバ嬢出会い ギャル出会い キャンギャルメル友メル友出会い 掲示板出会い ナース出会い モデル出会い 保母ブログパーツ

指数

TOPIX


株価ミニチャートのブログパーツ

日足チャート

by 価チャート「ストチャ」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タルト・ポムの備忘録
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新興国=著名ファンドマネジャーが警告、「中国とインドはITバブルの現代版だ」
新興国=著名ファンドマネジャーが警告、「中国とインドはITバブルの現代版だ」
2月24日(水)19時04分配信 モーニングスター

現在値
日立 300 -4
野村HLD 656 -10
三菱商 2,220 -42
三菱UFJ 450 -7


 2人の著名ファンドマネジャーが新興国株式の先行きに対して懸念を示している。外国株式(大型株)を主な投資対象とする米国籍ファンド「アルティオ・インターナショナル・エクイティ」の運用マネジャーであるルドルフ・リアド・ユーネス氏はかつて米国が経験したITバブルと同じ状況が今、新興国の株式市場で起こっているとみている。新興国の中でも中国とインドへの投資が過熱しているという。ユーネス氏は投資家向けの最近の報告書のなかで、「中国とインドはITバブルの現代版だ。ITバブルがはじけたとき、投資家がいかに大きな苦痛を受けたかはよく覚えているだろう」と警告した。

 一方、ユーネス氏は欧州のブルーチップ(優良株)に投資妙味があるとしている。世界の投資家はギリシャなどの財政問題を必要以上に警戒しすぎ、欧州の優良銘柄に値ごろ感が出ているためだ。ユーネス氏は特に大手食品銘柄が狙い目であると分析している。アルティオ・インターナショナル・エクイティの組み入れ上位銘柄(1月31日時点)にはスイスの食品大手ネスレがある。また、中国株式には過熱感があるものの、中国政府が当面高い成長率を維持する政策を続けることを考えると、需要増が期待できる世界各国の金属や鉱業関連株が注目されるという。

 特定の投資テーマに基づいて米国および外国株式を組み入れる米国籍ファンド「DWS・グローバル・セマティック」の運用マネジャーであるオリバー・クラッツ氏も新興国株式は割高とみている。クラッツ氏は新興国で積極的に事業展開する欧米の大手企業への投資を通じて、新興国の成長による利益を間接的に享受する方法を勧める。具体的にはプロクター・アンド・ギャンブルやマクドナルド、英飲料大手ディアジオ、ネスレ、ジョンソン・エンド・ジョンソンが該当するという。

 クラッツ氏は日本株も投資対象として魅力があるとしている。同氏は米モーニングスターのインタビューに応じ、「多くの投資家は日本経済が悲惨な状況に陥り、希望を失っていると考えているようだが、私の意見は異なる」と話している。クラッツ氏は日本の高い教育水準が企業の成長を支えるとみているほか、円安のトレンドが今後訪れると予想しているため、日本株に投資価値があるという。クラッツ氏は日本の銀行株にも強い関心を寄せており、09年後半には銀行株を多く買い入れている。1月29日時点のDWS・グローバル・セマティックの組み入れ比率上位をみると、日本株では15位に日立製作所 <6501> 、21位に野村ホールディングス <8604> 、22位に三菱商事 <8058> 、26位に三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> などの名前がある。

提供:モーニングスター社
スポンサーサイト


最新の為替・マーケットニュース


-外国為替-

ふぃぼなっち

フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest

リンク

このブログをリンクに追加する

ラッキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
div#container { width : 740px; /* コンテンツ幅を740pxに設定 */ margin-left : auto; /* 左側のマージンを自動算出 */ margin-right : auto; /* 右側のマージンを自動算出 */ }