時計

出会い 主婦出会い キャバ嬢出会い ギャル出会い キャンギャルメル友メル友出会い 掲示板出会い ナース出会い モデル出会い 保母ブログパーツ

指数

TOPIX


株価ミニチャートのブログパーツ

日足チャート

by 価チャート「ストチャ」

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タルト・ポムの備忘録
 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週 6月末雇用統計
週の東京外国為替市場見通し=ドル・円は米雇用統計が最重要、悪い内容なら88円割れ視野か

 予想レンジ:1ドル=87円95銭-90円87銭

 28日からの週、ドル・円は米経済指標にらみの展開か。30日に6月米ADP(オートマチック・データ・プロセッシング)雇用統計、7月1日に6月ISM(米サプライマネジメント協会)製造業景気指数、2日に6月米雇用統計と重要経済指標が相次ぐ。最注目は雇用統計の非農業部門雇用者数。市場予想は前月比11万人減と5月分(同43.1万人増)から一転して大幅な悪化が見込まれている。「国勢調査実施に伴う一時雇用の押し上げ効果がはく落するとみられる」(欧州系銀行)という。非農業部門雇用者数が市場予想よりも悪い内容となれば、ドル売り・円買いが強まるだろう。

 雇用統計などの経済指標の悪化を受けて米国株式が下げ幅を拡大すれば、投資家のリスク回避目的の円買いがさらに進むと予想される。「これまでは投資家のリスク許容度が低下したときはドルも円も買われ、ドル・円は方向感が出にくかった。しかし、足元で弱い米経済指標が目立っていることから、リスク回避の際は円がより買われやすくなっている」(大手信託銀行)との指摘が出ていた。

 ドル・円の下値メドは年初来安値の87円95銭(5月6日安値)とみている。もっとも、「89円ちょうどにドル買い注文がみられるなど、下値でドルを買おうとする動きもある。また、ドル・円は今年に入り何度か90円を割り込んだが、すぐに90円台に戻ってくる場合が多かったため、ドル・円を売り込むことに慎重な向きもある」(大手邦銀)との声も聞かれた。米経済指標が市場予想よりも良い場合はドル・円の反発が予想されるが、テクニカルの重要ポイント付近では上値が重いとみられる。レンジの上限としては200日移動平均線が位置する90円87銭を想定している。

 ユーロは弱含みか。欧州金融機関の損失拡大懸念などが引き続きユーロの重しとなりそうだ。足元では海外の金融機関やファンドが6月の半期末に向けてユーロを買い戻しているとの見方がある。7月に入ればこうした買い戻しが一巡し、「新たにユーロ売りのポジションが構築される可能性がある」(同)。ただ、「米景気の先行き懸念からドルが売られていることもあり、ユーロは対ドルで大きく売られにくい。ユーロ・ドルは下げても23日の安値(1.2207ドル)までだろう」(前出の欧州系銀行)との指摘もあった。(坂本浩明)

[ 株式新聞速報ニュース/KABDAS-EXPRESS ]
提供:モーニングスター社

スポンサーサイト


最新の為替・マーケットニュース


-外国為替-

ふぃぼなっち

フィボナッチ計算機


結果:

by Investor's Forest

リンク

このブログをリンクに追加する

ラッキー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
div#container { width : 740px; /* コンテンツ幅を740pxに設定 */ margin-left : auto; /* 左側のマージンを自動算出 */ margin-right : auto; /* 右側のマージンを自動算出 */ }